【UW-3501 レビュー】安心の日本製!パール金属、キャプテンスタッグのコーヒーミルを購入しました

キャプテンスタッグのコーヒーミルを購入

「コーヒー豆を1度粉にしてしまったあとは、鮮度はもって1週間が限度」

とスタバのセミナーで言われてショックを受けたアルティメットゆりりです。

(なんならコーヒー豆に賞味期限ってないと思ってた...)

挽きたての鮮度がいい豆でコーヒーを入れたい!

家から1歩も出ずにコーヒーを楽しみたい!と先日コーヒーメーカーを買ったので、コーヒーミルもあわせて購入!

  • 1人暮らしなので一気に大量のコーヒーは飲めない
  • 機械音痴なので、頑丈でシンプルなもの

を基準に探しました。

そこで日本製でアウトドア用に作られた「パール金属(PEARL METAL) キャプテンスタッグ 日本製 コーヒーミル」を発見。

さすがにこれなら雑に扱っても壊れにくそう!

購入して使ってみた感想などをレビューしていきます!

UW-3501の見た目と部品

コーヒーミルの部品

部品が5個しかないので、初心者でも取り扱いやすいです。

UW-3501の部品
  1. 容器(ここに挽いた豆がたまります)
  2. 本体
  3. ふた
  4. セラミック刃
  5. 粗さ調節ネジ

組み立て方は、本体のでっぱっている方にセラミック刃を押し込んだら...

コーヒーミルの組み立て最中

粗さ調節ネジをはめこんで終了!

粗さ調節ネジ

パーツの向きさえ間違えなければ組み立ては簡単!

UW-3501での豆のひき方

豆の挽き方をメーカーさんが動画にしていたので引用します!

1度に挽ける豆の量は17g。
コーヒー1杯ぶんに必要な豆は10gですので、2人前入れたいときはちょっと中途半端かもしれせん。
すごく頑張って2人ぶんの20gを詰め込みました。
限界まで豆を詰め込んだ様子
ふたは閉まることは閉まるのですが、めちゃくちゃギリギリ!

少々めんどうですが、10gずつに分けて挽くのをおすすめします!

UW-3501を使ってみた感想

中挽きと細挽き

実際に粗さを調節してみてきちんと違いが出るか試してみました。

ちゃんと粗さは調節できています!

手動のミルって何回ぐらい回せばいいの...?と買ってみるまでわからなかったのですが、

  • 10gを挽くのに25回くらい

かかりました。

コーヒー豆20gをぎちぎちに詰めて挽くより、少量ずつに分けた方が体感的に早く終わりますね。

ちなみに腕はけっこう疲れます...

ふたが完全に閉まるタイプなので、コーヒー豆が飛び散らないところが使いやすく気に入っています。コーヒーミルのセット完了

UW-3501のお手入れ

お手入れ方法は、

  • ふたや容器は中性洗剤をつけたスポンジで洗う
  • セラミック刃は歯ブラシで粉をやさしく落とす

部品ごとにスポンジと歯ブラシを使い分けています。

パーツが5個しかなくシンプルなので、お手入れはかなり簡単です。

UW-3501のレビューまとめ

  1. シンプルで頑丈なつくり
  2. 部品が5個しかなく初心者でも扱いやすい
  3. ふたがしっかり閉まるのでコーヒー豆が飛び散らない
  4. お手入れは中性洗剤をつけたスポンジか歯ブラシで!

1度に大人数分のコーヒーを入れたい人には向かないのですが、1人暮らしで好きなときに少量ずつコーヒーを楽しみたい方にぴったりの商品です。

アウトドア用に作られているので、頑丈なところもお気に入りポイント。

思う存分ミルをくるくるしても壊れにくいよ

口にするものを扱うので、日本製なのも嬉しいです。

ぜひコーヒーミルを使って、挽きたてのコーヒー豆の風味を味わってみてくださいね!

初めて買ったコーヒーメーカーのレビューは、

【BRUNO 4 カップコーヒーメーカー レビュー】1人暮らしにぴったりのおしゃれでかわいいコーヒーメーカーにてまとめています。

ゴツゴツした機械っぽさがないかわいいデザインでお気に入りです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました