【BRUNO 4 カップコーヒーメーカー レビュー】1人暮らしにぴったりのおしゃれでかわいいコーヒーメーカー

コーヒーブレイク

おうちで味わうコーヒーに目覚めてしまったアルティメットゆりりです。

今までコーヒーを飲むときは、わざわざコンビニまででかけてコーヒーを買っていました。

正直、コーヒーがこぼれないように持って帰るのめんどくさい...

と思いはじめ、ついにコーヒーメーカーデビュー!

  • コーヒー初心者なので3000円前後のお手ごろ価格で買えるもの
  • 機械音痴でも使えるシンプルなもの
  • せっかくならデザインがかわいいもの

という基準で、いいコーヒーメーカーがないか探しまくりました。

その結果、BRUNO 4 カップコーヒーメーカー My Little シリーズのあまりのかわいさにひとめぼれして購入...!

ミント・ピンク・ベージュの3色ありますが、ミントに決めました!

朝起きて外に出なくても、入れたてあつあつのコーヒーを楽しむことができてめちゃくちゃ満足しています!

BRUNO 4 カップコーヒーメーカー My Little シリーズの外観と付属品

BRUNOコーヒーメーカーの付属品

付属品
  • BRUNO 4 カップコーヒーメーカー本体
  • 取り扱い説明書
  • 計量スプーン

RUNOコーヒーメーカーの外観

BRUNOのコーヒーメーカーは、見た目のデザインがとにかくかわいいんですよ...!

コーヒーメーカーにありがちなゴツゴツした機械っぽさがありません。

丸っこくて曲線的なラインが本当にお気に入りです!

右側のふたをスライドさせると、コーヒー豆を入れるフィルターが。

BRUNOコーヒーメーカーのメッシュフィルター

網目がこまかいメッシュのフィルターで、紙のフィルターがなくてもコーヒーを入れられます。

毎日コーヒーが飲みたいので節約になりますね!

メッシュフィルターを外すとこんな感じです。

RUNOコーヒーメーカーのドリッパー

ポットはガラス製で、BRUNOのロゴがかわいい...!

RUNOコーヒーメーカーのガラスサーバー

左側は水を入れるタンクになっています。

RUNOコーヒーメーカーの水タンク

BRUNO 4 カップコーヒーメーカー My Little シリーズでのコーヒーの入れ方

コーヒーメーカーでコーヒーを入れる準備

私はけっこうな機械音痴なんですが、簡単においしいコーヒーを入れることができました。

用意するもの(2杯ぶん)
  • BRUNO 4 カップコーヒーメーカー
  • 粉にしたコーヒー豆(20g)
  • 水(300ml)
  • はかり
  • お好みで紙のフィルター(なくてもOK!)

価格がお手ごろなぶん、コーヒー豆は自分で粉にする必要があります。

【手順1】コーヒー豆をはかってフィルターに入れる

フィルターにコーヒー豆を投入

フィルターにはかった豆を入れます。

ポイント
  • コーヒー粉は「中挽き」のものを使う(細かいとフィルターにつまる可能性あり)
  • ペーパーフィルターを使う場合は「102サイズ」

BRUNO 4 カップコーヒーメーカー My Little シリーズには、メッシュフィルターがついているので、本当はペーパーフィルターは必要ありません。

ペーパーフィルターを使った方が、豆がフィルターにつかないので掃除が楽なんですよね...

ペーパーフィルターは102サイズを使ってくださいね!

あとかたづけの簡単さを取るか、フィルター代の節約を取るか、気分に合わせて変えられますよ。

【手順2】タンクにお水を入れる

ポットに水を入れた様子

左側のふたをスライドさせて、お水を入れます。

コーヒーを入れるには豆の風味をじゃましない軟水がぴったりです。

水道水を浄水器にかけたものを使かっています

【手順3】コーヒーメーカーの電源を入れる

BRUNOコーヒーメーカーの電源

コーヒー豆と水をセットしたら、あとはスイッチを入れて待つだけ!

ポイント
  • コーヒーが落ちきったあと30秒間待つ
  • 連続して使う場合は5分あける

あつあつの入れたてコーヒーができあがりました...!

コーヒーが入れ終わった様子

コーヒー豆の粉っぽさは一切なかったです!

入れたてのコーヒー

BRUNO 4 カップコーヒーメーカー My Little シリーズの使いやすさ

【動画つき】BRUNO 4 カップコーヒーメーカー My Little シリーズの音の大きさ

コーヒーメーカーってどのくらい音がするのか、特に賃貸だと心配ですよね...。

使ってみて一番大きな音がした、コーヒーが入れあがる直前の様子を動画で撮ってみました!

イメージとしてはウォーターサーバーの水が入れ替わる瞬間の、ごぼごぼって音が続く感じです。

BRUNO 4 カップコーヒーメーカー My Little シリーズの水こぼれ具合

コーヒーメーカーのまわりに水がこぼれることはありませんでした。

入れ終わっても水こぼれなし

ただ、ガラスサーバーのふたのところはちょっとだけコーヒーがたまりやすいです。

できたてあつあつのときはご注意を!

ポットの上にコーヒーが貯まるので注意

BRUNO 4 カップコーヒーメーカー My Little シリーズの使いにくかった点

BURNOコーヒーメーカーのコンセント

唯一使いにくかったな...と思う点は、コンセントの短さ。

コーヒーメーカーを置く台の真横にコンセントがないと届かないです。

ご自宅に延長コードがある方は問題なく使えますね

BRUNO 4 カップコーヒーメーカー My Little シリーズはあとかたづけも簡単

パーツが少ないシンプルなつくりなので、お手入れは簡単でした。

コーヒーを入れ終わった後のフィルター

特にペーパーフィルターを使った場合は楽勝!

フィルターにしみだしたコーヒーの色はついてしまうのですが、豆の粉は残りません。

ペーパーフィルターを取ったあと

メッシュフィルターをはずすと...

RUNOコーヒーメーカーのドリッパー

ドリッパーの底に黒い留め具がついていて、コーヒーがこぼれない仕組みです。

ガラスサーバーのふたは取り外して洗えます!

ガラスサーバーのお手入れ

  • メッシュフィルター
  • ドリッパー
  • ガラスサーバー

の3つだけ洗えばあとかたづけ完了です。

BRUNO 4 カップコーヒーメーカー My Little シリーズのレビューまとめ

はじめてコーヒーメーカーを使ってみましたが、シンプルな仕組みで初心者でもあつかいやすかったです。

そして何よりデザインが他に代わりにがないかわいさ。

ポップな色と少し丸っこいデザインのおかげで、使うたびにわくわくした気分になれます。

コーヒーに目覚めたきっかけ

コメント

タイトルとURLをコピーしました